桜山神社。

d0060094_21335249.jpg ずいぶん書いているけれど、早池峰流神楽(岩手県ね)の追っかけをやっている。特に、花巻市東和町の石鳩岡神楽。毎年 5月26日は、盛岡市の桜山神社公演である。この日はここ数年、皆勤(のはず)。鳥居をくぐったのは、バケツものの雷雨が小振りになった頃。奉納は既に始まっていて、山神舞だった。
 それから五穀、天女、普勝舞と続く。首都圏へ1年ばかし赴任していた「若手のエース」くんを、復帰してから初めて拝見する。
 新レンズの[撮り初め]。普勝は荒神である。悪鬼を、それを上回る力でねじ伏せるパワーが面にみなぎっている。手につけた紙の細工は[九字]。真言で印を結びながら唱えるところのの「臨兵闘者皆陣列在前(リン・ピョウ・トウ・シャ・カイ・ジン・レツ・ザイ・ゼン)」〜「臨める兵、闘う者、皆陣をはり列をつくって、前に在り」〜と関わりがわるのだろうか、やっぱり。破邪の呪を、切り紙の形象で表したのかしらん。

 来るのが遅かった。去るのは早かった。権現舞を待たずに退散・・・忙しい観賞になってしまったが、神楽衆、熱心な観衆、お疲れさまでした。
[PR]
by columnbank | 2008-05-29 21:56 | いろいろ
<< 雪の授かり物。 ツアー[大正橋〜花巻小屋]。 >>