猿ケ石川を下る。

d0060094_1157138.jpg 岩手県遠野市に発し、花巻市で北上川に流れ込む支流、猿ケ石川。田瀬ダム湖上流の里川を、のどけきツーリング。
地図はこちら。

 d0060094_11214916.jpg コースは道の駅[遠野風の丘]〜柏木平コテージランドまでの12km。数百mおきに現れる瀬は、水量次第でポーテージ必至だし、魚道付きの堰も3カ所、担がなければならない。でもおおむね流れは快活で、隠れ岩が連続するカーブや2級の瀬があり、けっこうスリリングな操船が楽しめる。
d0060094_1124129.jpg 川の水は本流に比べればもう極楽のような澄み具合だ。東北でアユ釣りの解禁は7月1日。あまり釣り人に迷惑をかけることなく川下りができる機会はいま、6月までである。といっても、休日はヤマメ狙いの釣り師がちらほら。手前で様子を見ていると「いいよ、どうぞ」と通してくれる人もいれば、モロに迷惑そうな顔をして岸に上がる人もいる。勤め人以外は、平日の方がこころ穏やかに楽しめだろう。
d0060094_1128455.jpgd0060094_11311794.jpg
d0060094_11314422.jpg 水量がもう20〜30センチほしかった。[ヴォルガの舟唄]よろしく、フネを降りて引いた瀬は10カ所くらい(左上)。越えてみると「なんだ載ったままで通れたな」と思える場所も2〜3あった。勇気をもって突入するのがいい。もちろん、骨は自分で拾わんといかんが。
 しかしこの緑よ(右上)。クキ瀬漁(クキ=ハヤの投網漁)もほぼおしまいで、網を干していた(左)。一人だけまだやってたな。
d0060094_11412094.jpg

d0060094_11424929.jpg 一番下流にある、船渡橋下の堰(上)。こういう越すに越せない堰が3カ所ある。手前に来れば轟音と、水面がまっすぐに切れ落ちている眺めですぐわかるので、突っ込むアホはいないと思うが。
 ここを過ぎると、あとは柏木平まで実に気持ちが良い。国道107号直下の護岸をカーブする場所では見える岩も隠れ岩もどっさりあって(左)、気分はスラローム競技である。
d0060094_11474445.jpg
 終点、柏木平の大カーブ。左手が上流で、地ビールレストランがある。カーブに囲まれた木立はコテージ村。村のエリアに入っていくと、写真右手の川岸に車を止められる。遠来なら泊まるといいだろうし、そうすれば上陸後の一杯は何よりの楽しみになるだろう。
[PR]
by columnbank | 2008-06-10 11:55 | カヌーと川遊日和@北上川
<< No music,No life! ごそっと。 >>