森まゆみ氏いったりきたり。

d0060094_1019392.jpg 河北新報に連載されている、森まゆみさんの「丸森いったりきたり」が愉しい。当宮城県の最南部にある丸森町に、畑つきの別邸を借りてからの往復生活コラムである。丸森は良いまちだ。奥深い山と川、大河、平地までと環境が多様。米も野菜も畜産も果物も、あるいは今やほとんど絶滅危惧種といってもいい養蚕農家まである(写真下/桑畑)。十数年前から移住者にとてもオープンだし、ふれんどりー。

d0060094_11344067.jpg 毎回読んで思うに、暮らしを自分の手で作ってゆく部分がなくして、製品やサービスを享受するだけの[スロー]や[ローハス]なんてありえない。(ちなみにジブンは性根が曲がっているので、これらの言葉をほとんど使ったことがないのだ。あえて使うときは「いわゆるスローフード」とか、一枚何かを噛ませた言い回しになっちゃう)
 大きな本屋には、最近[スロー誌]みたいなコーナーができている。新刊の特集が気になるものだったり、新創刊が並んでいると一応は手にとって眺める。んが、結局のところスタイル誌=モノやサービスの選択基準を示すだけの本がほとんどなので、レジまで持って行くことは極めて少ない。


 
[PR]
by columnbank | 2008-08-09 10:58 | 住めば都的トウホク
<< 入稿。いや入港。 ゲリラ豪雨、お見舞い。 >>