海は広いか大きいか。

d0060094_664313.jpgd0060094_5472251.gifd0060094_5551996.gifこの投稿はコラムとして関係各位に更新案内するほか、[環境goo・美しい味の日本]にもエントリーしています。
 岩手県花巻市の橋頭堡(って最近見かけないコトバだけど。花巻小屋です)がある北上川のほとり。浅瀬にたたずむお父ちゃん一人。肩に投網をかけて水面をにらんでいる。あぁ、サケを狙っているのだなあ。
 ここは宮城県石巻市の河口から140km。10月から12月まで、岩手県域の本流と支流で、サケの遡上と産卵の光景は繰り広げられる。
d0060094_522040.jpg


 当方「今年はどうだべ」
 漁師「あんまり良ぐねえな」
 北海道も岩手も日本海側の県でも、要するに全国的にサケが不漁らしい。北からの千島海流(親潮)の流れが例年より弱く、北海道の南部と東北の沖には、いつになく水温の高い暖水塊が居座っているという。親潮の流れが弱い分、黒潮の流れは相対的に強く、これは南下するサケにとっては向かい風。でも日本海側でも不漁というのはいかに? 今年の筋子、イクラは高くなりそうだ。世間どうしましょう年越し&お正月。

d0060094_5232018.jpgd0060094_5235517.jpg
 船と大きな網を持たなかった太古。体長1メートル、5キロを越える魚が、手も足も出ない海から、獲りやすい川に自分から集まってくるというのは、どんなにありがたかったかしれない。だからアイヌ民族にとっては「神の魚」。人は自分の生命を支えるものに神様の姿を見る。

d0060094_5253673.jpg そのサケ、遡上する数は増えたけれども、小型化している。いま4キロを越える個体は少ないという。北日本の何千という川でどっさり放流・・・し過ぎているのだ。海へ下ったサケたちが北洋を3年から4年かけて回遊し、小魚を食べて立派に育つのだが、その1匹に与えられる食い扶持は確実に小さくなっている。広いな大きいな、と何の疑問も無く唄ってきたけれど、「そんなに期待されても困るんです」と海はそろそろ言っている。
 投網を打つお父ちゃんは、5回目で立派なメスをゲットした。花巻の孵化場へ持ち込み、採卵すると言う。
 花巻小屋大家の網にもかかった。サケ汁にしていただいたけど、写真を撮るのをすっぱらか〜んと忘れた。うまいもの前にするとついがっついてしまって・・・。
[PR]
by columnbank | 2008-11-22 05:26 | カヌーと川遊日和@北上川
<< 実写映像。 さいなら〜。 >>