<   2005年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ロリロリセロリ。

d0060094_1119112.jpg 今朝、川岸を久々にヤマセミが飛んできた。姿は見えなかったが、声が飛び去っていく。達者だったか〜。いいことがありそうな気がする(と勝手に思うことにして)。
 台風が遠く過ぎてカラッと晴れた青空にセロリをかざす。これが生涯の敵だと公言するアンチセロリ派がいるんだからなぁ世の中には。スープ、シチュー、etc、人生の四割くらい損しているぞ。先日こさえたトマト/セロリ/ニンニク/タマネギ/の新スープ「ガスパチョもどき」は、やはり似たようなスープを見つけられず、「ガスパチョ?」を正式名称として採用した。「ガスパチョ」ではない。「?」で語尾を跳ね上げましょう。はい、みなさんでご一緒に・・・「ガスパチョ?」・・・Good!
昨夜二回目を作ったら、水が多すぎてちょっと失敗。それと、ニンニクを害虫駆除剤並に入れすぎた、我が失敗は時折限度というものを越える。反省。
[PR]
by columnbank | 2005-07-29 11:27 | 畑/野菜

赤くなりゃいいってもんでも。

d0060094_1874814.jpgねえ。何が不満でそういう態度に出るのか。こちらも耳を貸さないではないので、きちんとわかるように言ってもらいたい。
それにしてもこの形をなんとしよう。盛岡でともだちんちのボウズと風呂に入った折りに、似たような形のものを見た。つるつるしてるところもそっくり。印象としては、邪気はない。が、しゃれというには何かあまりにも。要するに何が言いたいのだ。
まあ野菜が何を考えているのか、本当に聞いてみたいと思うのだよ。
[PR]
by columnbank | 2005-07-28 18:14 | 畑/野菜

ようやく赤くなってきた。

d0060094_1915446.jpgミニトマトとトマトが。何が楽しいって、これくらい楽しみな野菜はない。ミニトマは皮を湯むきして酢に漬けると、生よりもずっとでり〜しゃすな味になる。大玉トマトは当然、ソース。パスタがうまいのだ!!!!!! 冷たいパスタにかけるとすばらしくうまい。AジノモトとかKaゴメとかのソースは、ここんとこ数年食べてない。レンジパックで冷凍すれば1カ月くらいは保つ。でも1カ月が限度、でもある。うまいものは足が速い。ちゃっちゃと食うのが、畑の真味というところなのだろう。
[PR]
by columnbank | 2005-07-27 19:21 | 畑/野菜

問題は星の数。

d0060094_1711846.jpgかなり粗い画像だけど、側面に星が2つ隠れている。だからナナホシテントウムシ。彼のことは応援している。ヨホシテントウムシも心から頑張って欲しい。スミ地にキンアカの星が2つある素晴らしいカラーリングのナミテントウムシもますますご健勝であられますように。彼らはアブラムシを食べてくれるから。だけど星が28個もある(品がないデザインだねえ)ニジュウヤホシテントウムシは、ナスやジャガの葉っぱを食うから許さん。つまり肉食=良い虫、益虫。草食=悪い虫、害虫。という公式が成り立つ。本日ごんごん雨降ってます。ずいぶん強くなってきた。畑はもち休み。
d0060094_17103728.jpg畑と関係ないんだけど、新聞にこんな広告が。ぴんから兄弟にアローナイツに東京ロマンチカに殿さまキングス(笑)。もうサッカーで言ったらレアルマドリードみたいな(ヴェルディごときに完敗したけど)最強布陣のド演歌講演。こういうニーズが田舎にはまだあるんだなあ。気が遠くなりそうだ。重ね重ね畑に関係ないんだけど、演歌パワーで台風の進路を逸らすのだ。こっちのみ〜ずは濃〜ゆいぞ♪・・・なんか今日ネジゆるんでます。
[PR]
by columnbank | 2005-07-26 17:13 | 畑/野菜

イモに何があったのか。

d0060094_12512647.jpg右は今年のジャガイモのアベレージサイズ、重さ300グラム。例年はこれより、ひとまわりは小さいのだが。今年はたまに、左のサイズが混じる。計ってみたら500グラムもありやがった。2コあれば1キロじゃん!! 参考までに、黒いレンズキャップの直径は5センチです。「ジャガイモ3個」とかいう料理レシピを当家の今年ジャガで作ったらえらいことになるだろう。わしゃ何もしとらん。植えただけだ。イモが勝手に育ったのだ(無責任男の弁解ってこうだよな)。師匠が田んぼに追肥〜硫安を4kg/反。
[PR]
by columnbank | 2005-07-25 13:01 | 畑/野菜

自転車に乗って。

d0060094_8254284.jpg田んぼの水や畑をぐるっと見回るのに、軽トラではなく自転車を使うことにした。15年も前に買って仙台で使っていた折り畳み式。ツーリングモデルには憧れるけれども、オンボロだからといって捨てられない愛着が、自転車にはあるものだ。足の力が伝わって地面をけっぱっている。ということがわかるのは、地面が押し返してくる力が足に伝わるから。まいわゆる作用・反作用なんだけど、蓋しこれ以上カラダに近い機械はないと思う。
[PR]
by columnbank | 2005-07-25 08:24 | いろいろ

木酢液はどこで買う?

d0060094_11353151.jpg岩手県の種市町へ取材に行ってきた。海沿いのまちで潜水士とウニ・ホヤで有名だけど、ちょっと内陸へ入ればもう山また山。帰り、高速道までの道すがら、軽米町の産直で木酢液を買った。岩手県北は木炭王国だ。2リットル1050円。安! 宮城の近所で売ってるのは1リットルで1050円だというのに。先週、遠野ではついに500円/2リットルの品を発見。迷わず買い。
この中に含まれる何百種類もの成分の、何がどう効くのかはまだ誰も知らない。そう簡単にはわからないだろうし、ナゾはナゾのままでいいような気もするのだ。とにかく岩手の森の不思議な力がみなぎっていて、それが虫を追っ払ってくれたり、野菜を丈夫にしてくれたりすると思っている。
[PR]
by columnbank | 2005-07-23 11:47 | いろいろ

師匠その2。

d0060094_7455970.jpg師匠その一は当方の母親である人なのだが、野菜おしなべてプロという訳ではない。よって作り慣れないものは、失敗もしやすい。とりわけ、つくったことない新顔野菜なんて。
「家庭でつくる健康野菜」。小市民的ですね、タイトルが。なんとかこういうところからモノにしたいと。道の駅直売所、再びお休み。いいのだ。畑男の道はゆっくりいけばいい。
ピクルスが関係各位に好評だったようでうれしい。
連休に遊んだおかげで原稿がだぶり気味。飛ばして書かねば。
[PR]
by columnbank | 2005-07-20 07:49 | いろいろ

サンドイッチ。

d0060094_22502877.jpg当サイト上でベーコン、というときは、自前で作った手作り品を指す。暗黙のお約束と思っておくんなまし。本日の昼はさんどいっちでした。フランスパンに粒マスタードを塗って、軽くソテーしたベーコン、キュウリのピクルス。皿は三谷龍二氏の挽きもの、オイルフィニッシュ。仙台の大姉がいくつか持っている作品のうちの一点。「あたしが死んだらあげようと思ったけど、先にやっとく」と。そう言う人に限ってやすやすと死なないことを私は知っている。
サンドはパンがヤマザキだったため、モサモサ。今度は、手作りパン屋のちゃんとしたものに挟んで食べたい。ピクルス/ベーコンの組み合わせは、文句のつけようもありまへん。
[PR]
by columnbank | 2005-07-19 22:58 | 飯、菜、酒、肴

ガスパチョもどき。

d0060094_8554353.jpg湿気で空気が重い。さっぱりきっぱりコクがあるのにキレがある冷たいスープが作れないかと思って試作。簡単に出来るのはやはり野菜スープ(コンソメなんてあぁた)。冷たくてとくればヴィジソワズかガスパチョであろう。ガスパチョはトマト、パプリカ、キュウリの混成部隊であるが、もっとパンチが欲しいので、トマト、セロリ、ニンニク、タマネギをミキサーでペーストにする。これに大豆とひよこ豆のもどし汁を加えて、豆に火が通ったところでOK。塩、コショウ。冷蔵庫で一晩冷やしたら、これが満塁特大アーチ級のホームランだああああああ。油は一滴も使っていないからおなかに軽い。うまああああああああああああああい。若干の試食を仙台の大姉に献上したが、いかがであろう。
次回は、豆をもどし汁でまず煮て、それからブレンド野菜を加え、ひと煮立ちしたところでアクをすくって仕上げよう。そうすれば最小限の加熱で、野菜の栄養はまるまる。レモン汁も合いそうだ。料理は冒険。
[PR]
by columnbank | 2005-07-16 08:55 | 飯、菜、酒、肴