<   2006年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

さらに、からし菜を

「サラダからし菜」蒔く。
元肥に堆肥+農協野菜化成肥料。
[PR]
by columnbank | 2006-03-30 18:10 | からし菜TRB

ニンジン植える。

d0060094_1758519.jpgニンジン「平成五寸」を蒔く。
元肥に堆肥+農協野菜化成肥料。
      土壌消毒「ピラクロホス剤」(1成分)VSネコブセンチュウ

 17時30分。伸びる日脚を障子に感じる。冬至にはほぼ南西に沈んでいた夕日が、だんだん北寄りに移動しているのだ。夏至にはほぼ北西、机から見ると真正面の、川の向こうに沈む。西に沈むとはいうものの、真西を中心として90度もの振幅があることに気づいている人は、そう多くないかもしれない。

[PR]
by columnbank | 2006-03-30 17:56 | ニンジンTRB

爪を研ぐなら近くの山の木で。

d0060094_1225616.jpg 障子無惨。市販の爪研ぎマット「またたびの香りつき」は気に入らないようだ。
「やっぱり木、木が一番なのよ〜。なんといっても国産材。爪の研げ具合もいいし、当たりがやさしい」

 年度末の資料整理に昨日から一日半を費やした。えいや!と捨てる本、資料。躊躇してやはり本棚の奥にしまったものもあり。古い本ほど捨てられない。
 昼飯は近所の食堂「樺太屋」でタンメンを食べて手抜き。ご幼少のみぎり(誰が?)、最近他界した店の婆さんが切り盛りしていた頃から遊びに行って食べていた店なのだ。月に1回くらいは無性にミソラーメンかタンメンをすすりこみたくなってねえ。野菜をもっと食べましょう。ともあれ小さな頃からの舌の記憶はもはや変えがたい。

[PR]
by columnbank | 2006-03-30 12:36 | にゃん。& 生きもの

本日の北上川。

d0060094_8524176.jpgd0060094_8521743.jpg
 古くさい家なので、見苦しい物が内外に多い。室内はなんとかボロ隠しできても、戸外にある動かし難い物が見苦しい場合は始末に困る。
 窓に向かって置いた机正面の障子を、一部切り取ってみた(昨夜寝入りばなに思いついた)。根本的な解決にはなっていないけれど、景色の破壊者は桟の外。内側で、竹やぶ、何の木かわからないけれど常緑樹の枝が風に揺れる。そんでもって幅200mの川。カモメやウ(鵜飼いで働かされるアレ)が飛んできても見える。ハクチョウはもう北へ旅立ったが。本日は寒の戻り、正面すなわち北西から強い風がごんごん吹き付けている。三角波が立ち始めた。
 すきま風どころではないが、どうしても寒いときはバンダナでも吊るそう。
[PR]
by columnbank | 2006-03-29 09:07 |

立て背伸び。

d0060094_141649.jpg あーーー終わった終わった、送稿一本、ゲラ一本。気分がいいからもう一点アップロードしよっと。

[PR]
by columnbank | 2006-03-28 14:17 | にゃん。& 生きもの

木は草は花は後悔するか。

d0060094_11421536.jpg 湿ったぼたん雪が落ちてくる中に、咲いたばかりの花や新芽を見つけるといつも笑ってしまう。「まだ出てくるんじゃなかった」と青い顔で静かに固まっているように見えて。ギャグ漫画のようにネームが見えるのだ。(オオカメノキがそうだったよね?あの画像は大笑いした。うまこちゃま)
 ヒメオドリコソウが出てきた。けど今夜から寒が戻って、明日は雪も降るかもしれないってよ。どうするキミ?

[PR]
by columnbank | 2006-03-28 11:50 | 田んぼ/米

ポーク缶を焼いて。

d0060094_18341219.jpg 初めて食べるものはわくわくする。沖縄みやげの「ポーク缶」。は愛称で「ランチョン・ミート」というのが品名らしい
 山用のストーブで焼いた。部屋料理。ホワイトガソリンの匂いが野趣を誘う。早く外で遊びたいねえ。
 味は要するに、コンビーフの豚肉版だね。豚の風味はちょいと強い。塩味がついている。卵も加えて目玉焼きでメシをかっこんだ。おいしゅうございました。

[PR]
by columnbank | 2006-03-27 18:39 | 飯、菜、酒、肴

パハヤチニカとは。

d0060094_941057.jpgd0060094_943425.jpg
 岩手県遠野の地域誌、年二号発刊。市の北端に鎮座する修験の山、早池峰山(はやちねさん)の語源となった伝・アイヌ語を誌名にいただいた。
 新号出来。いちおう連載でコラムを書いている。何の戒めもないので書き放題(笑)。
 本日は季刊「住む。」発売日でもあった。先週の金曜日に刷り上がりは届いてたんだけど(協力者の役得)。
 雑誌の数だけ編集方針はある。しかめっ面でいわゆるエコやスローの理屈をこねてもしょうがない、という考えは各誌共通していて、楽しみに読んでもらう工夫やグラビア(花!)にもちろん力を入れる。でも楽しくキレイおしゃれにいきましょ、ばっかでも困るのだ。新聞で言えば社説に当たるコアがあるかどうか、持つか持たないか。
 「住む。」では巻末に近い「センス・オブ・プロポーション」をはじめ、「エネルギー探偵の時事談義」「怠けるヒント」がコアだと思う。地味なモノクロページだけれども、誌の重心を低く安定させる大切な連載。
[PR]
by columnbank | 2006-03-27 09:22 | 掲載誌

紅白刺身合戦。

d0060094_22272332.jpg ボラの刺身、食べたことある?ご覧の通り、血合いも鮮やかな白身。鯛のような朱赤ではなく、小豆色っぽい。一晩昆布で〆ていただいた。
d0060094_22301371.jpg メバチマグロの赤身がいい色だったのでこれも買い。霜降りにして30分ほど醤油に漬ける。いわゆるヅケ。ただの刺身で食べるよりも、ずぅ〜うっとうまい。

[PR]
by columnbank | 2006-03-26 22:33 | 飯、菜、酒、肴

本年最初の播種(はしゅ=種まき)。

d0060094_22415100.jpgd0060094_2243840.jpg
 昨夜酔っぱらってUL忘れちった。

 3月18日 ダイコン「総太り」「べっぴん春大根」小カブ「まるちゃん」を蒔く。
      元肥に堆肥+農協野菜化成肥料。
      土壌消毒「ピラクロホス剤」(1成分)VSネグサレセンチュウ・キスジノミハムシ

 3月19日 キャベツ「サボイクイーン」「YR青春二号」
       白菜「はるさかり」
       つるな
       以上を播種用ポットに培土を詰めて蒔く。

 本日はまず種もみの水を換える。午後からは堆肥センターで完熟堆肥を買ってきた。フォークリフトで軽トラ1台分積み込んで1000円!お得!
[PR]
by columnbank | 2006-03-26 22:21 | 大根/カブTRB