<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

気仙川のほとりで車中泊。

週末、陸前高田市へ。
旧伊達藩の直轄地、気仙地方である。
日本で普通に見られる海、川、山の景観を
コンパクトにまとめたような土地。

d0060094_22113539.jpg 土曜日。気仙川の支流である矢作川上流の山里、出地区へ。秋の催し「木炭まつり」は、たいそうにぎわう地域おこしフェスと聞いていた。が、な〜んかユーチョーに準備している。テント張ったりのぼりを立てたり。
 あれ? 29日って、明日? オレ一日早く来た訳? だははははは、アン!ポン!タン!(エコーつき)。帰るのもあほくさ、ぶらぶら歩いて、夜は矢作川の合流点で車中泊と決めた。10月は最も河原キャンプ(野宿)が楽しい季節だ。血を吸う虫がいない。暑くない。山は紅葉、落ち葉カサコソ。しかし快適な河原にはいくつか条件がある。
 1 水が美しい。
 2 河原までクルマで入れる。
 3 人家や自動車道路からは距離があり、人目が気にならない。
 4 逃げやすい(万一水位が上がったとき)
 秋田県岩見町の丸舞川、岩手県沿岸の閉伊川、ここ気仙川などが、四条件を満たす快適な川である。日中、湧き水の周囲に集まった清水(すず)集落で話を聞き、ちょいと以前に取材申し上げた木挽きさんに連絡をとって話を聞きと、けっこう動き回った。河原に着いた時はもうとっくにまっくらくら。
 だから焚き火はナシ。あれは明るいうちに焚き木拾いをがんばる余裕がないとできない。鮮魚店での買い出し料理も、ヒマがある時に。今夜はコンビニおにぎりと「からあげくん」、そしてカップラーメン。楽でいいやね。こういうメシでも心豊かに過ごせる資質は大切なのさ。今年初めて口にする、限定遠野ホップの一番搾り。そういえば気仙川をさかのぼって北にひとやま越えたら遠野である。
 かつて気仙の海、山、川は、ひとつながりで息づいていた。人もその中で生きていた。そういう話を、木挽きさんや昔大工だったというじいちゃんから、少しずつ集めることができた。気仙にもうちょっと足しげく通ってみようと思う。
 聞いた話の一部で「コラムバンク」を一本、書こうと思っているけど、その前に陸前高田のフォトスケッチでもご覧くださいな。桶屋さん、箕の画像もあるで〜。
[PR]
by columnbank | 2006-10-30 22:35 | 外へ、旅へ

ニンニク、芽出る。

早く芽を出せと柿の種を脅していたのはさるかに合戦のカニ。
まあそうするまでもないのがニンニクである。

d0060094_17212636.jpgd0060094_172234.jpg
 早いもんだ。隣にタマネギも定植した。
 終了したササゲを抜く(右)。低気圧が来なければもう少し食べられたのだが。竹を抜き、ツルをひっぱがす作業が案外、というかだいぶ面倒くさい。種を取るからツルごと家に持って帰り、干しておけと師が言うのだ。おお、ウチで種とってる作物があったとは。
 ハクサイが巻いてきた。スティックブロッコリーもうすぐ。チンゲンサイもけっこう。
 土が凍てつく前、わずかな間だけど、晩秋から初冬の滋味を味わおうと思う。
[PR]
by columnbank | 2006-10-30 17:30 | 畑/野菜

「和布パグ@大福日和」

ともだち布創作家、小川乃り子布創作展
「和布パグ@大福日和」DMハガキ出来。

d0060094_15453484.jpg
撮影を安請け合いしたはいいけど、わかりきってはいたんだけれど、はっきりいって難しい。
余計なバリエーションなんぞ撮らないで、きっちり絞り込んで切った方が良かった。それに、ちりめんてけっこうテカるんだなあと、今更ながら。PLフィルターかけた方がメリハリのある、もっと鮮やかな写りになったかも。
どヘタ写真をカバーしてくれた デザインは、kids(inモーリオ)ちゃん。
ありがとう、ごくろうさま。仕事ふやしてゴメン。タイトルなんか、かぁいいじゃねーか。さすがだよ〜(と、のりーも言っていた)。


d0060094_16153339.jpg
あ、期日他は右に。
小川乃り子布創作展 「和布パグ@大福日和」
11月29日(水)〜12月3日(日) 

ギャラリー 「edit」 仙台市青葉区春日町5−27 TEL022-221-9979

・・・まだ1カ月先なんだのぉ。でも12月だって・・・あああ、あっ!ちゅう間にもう年末。こんなだらだら過ごしててわしはいいのか、いいわけない。
[PR]
by columnbank | 2006-10-27 16:00 | いろいろ

エノキタケ、出現。

北上川と拙宅を隔てる薮にあった大木が風で川に倒れた。
その株に出ていたのを母親が発見。

d0060094_1732227.jpgd0060094_17322459.jpg
d0060094_1813521.jpg 天然物と栽培物の落差が最も激しいキノコである。みんな白いものだと思っているから。味も雲泥、月とナントカ。見分けるポイントを上げると・・・。
 1 やさしい栗毛色でてっぺんは赤を帯びることも。
 2 カサの裏が純白。
 3 軸も栗色で華奢、中空。(ナメコの軸が充実しているのと対象的)
 このキノコはいつでもどこにでも生える。まちの公園でも、奥山でも。冬に雪をもちあげている様から「ユキノシタ」の異名もある。すばらしいキノコだ。
 みそ汁の画像を追加ULしましたぴょん(日本語おかしいぞ)。つるんつるんでうま〜〜〜い〜〜〜〜。こでらんねなぁ〜〜〜〜〜〜。
[PR]
by columnbank | 2006-10-25 17:39 | キノコ万歳

第4回北杜工藝展インフォ。

今朝、アラジンストーブに今期初稼働を要請した。
蔵王の山頂では雪だそうで、エコーライン通行止め。
さて平地に来るのは(何がって)いつでせう。
d0060094_9544767.jpg 朝からブログをULというのもなんだか。でもきょうはやることがない。出かけようにもこの雨。
 加美町の「工藝藍學舍」より、2通の案内あり。
 1通はちょいと前に来ていたもので、「高松奈緒猫展」。白い、ざくざくした感触(見た感じ)の陶器ネコ。9/15〜26までだから、いま開催中だ。
 もう1通はきのう来ていた、北杜工藝展、11/4(土)〜11/12(日)
年に一度、藍學舍が最も気鋭の作家作品でにぎわう催しで、今年は第4回。陶、漆、染織、編。以前、あけびつるのベルトポーチを買ったのは、確か第一回か二回の同展だったと思う。深まる晩秋は、作り手の真摯な取り組みが実る時でもあるのだろう。

 しっかし今年の秋は荒れる。日本のすぐ南海上で温帯低気圧が発生して、沿岸をなめながら北上、猛烈に発達して雨風が長く続く、というパターンが3回か4回。こういう時、必ず気象庁は「発達した低気圧に関する情報」というのを出すのだが、海山での遭難事故が絶えない。事後に必ず「なぜ台風以上に、などの形容を入れない」「人災だ」と声が上がる。発達した温帯低気圧がどんなにおそろしいか、何年も前から事故は続発しているけれど、まだ一般に理解されていない。それは単に呼び名や形容の問題なのか。
 同じことを言う人間が、海山のプロの中にいるのはどういうことか。山を歩く人間としては、最も警戒すべき気象パターンであって、それは天気図を見ただけで十分予測がつく。自分で判断を下すものにとって、台風だろうが温帯低気圧だろうが、呼び名は関係ない。自然と向き合う能力が低下しているのではないか。
[PR]
by columnbank | 2006-10-24 10:29 | いろいろ

一本、(仮)決着。

原稿を昼メシ直前に提出。
ま、これですんなりOKとは必ずしも限らないので(仮)。
書き上げた原稿を夜中に送るのは好きでない。
なるべく朝もしくは午前中に、一晩寝た頭で見直してからが良い。


d0060094_12441191.jpgd0060094_12443614.jpg
 寒いよ〜なんで茶の間に誰もいないのだ。いや誰もいなくていいんだけど、おこたのすいっちを入れててほしい。それが思いやりというものではないのか。ちがうか。
[PR]
by columnbank | 2006-10-23 12:48 | にゃん。& 生きもの

漬け物試作、二種。

刺身とともに食べた、遠野の在来種「暮坪カブ」。
一夜漬けにしてみた(左)。
ダイコンのカレーピクルスも開封(右)。

d0060094_15582244.jpg 暮坪カブの漬け物は遠野の「道の駅」で売っているのだが、しっかりと漬かりの深い味だった。これは、塩をまぶして重しをかけ一晩おいて、出てきた水を捨てただけ。辛みが清々しくて、イケますぜ。これは清酒、それも冷や酒にあうと思う。
 カレー風味のピクルスは、3カ月前くらいに作ったんだったか。一般にはカリフラワーがおなじみ。ターメリックの黄色も味わいのひとつなので、当然白い野菜の方が映える。味、けっこう気に入った。カリフラより好きかも。
d0060094_16103521.jpg ところで本日、のーきおにコメ出荷。125袋。あぁ、背筋がきしんでいる。18年度産の米づくり、これで閉幕。来年、どうなるかなあ。

[PR]
by columnbank | 2006-10-21 16:12 | 飯、菜、酒、肴

遠野産の丹波黒豆、焼いて食う。

d0060094_1318323.jpg まじめに原稿を書いている。そういう時の方がこまめに更新するのだ。息抜きしたくなって。
 遠野の道の駅「風の丘」で、丹波黒豆を売っていた。丹波種を遠野で育て、未成熟でーいわゆる枝豆で直売していたわけである。実演試食させていたのが、炭火焼。鞘ごと網に乗せ、一部が黒焦げになるまで焼く。これが茹でるよりもうまい。豆の旨さも底力なのだろうけれど、お湯にうまみが流れ出ていない。鞘の中で、みずからの水分だけで蒸し焼き状態になるのだ。
 「フライパンでもできますよー」
 買った! ウチで鋳鉄のフライパンと山用コンロを引っぱり出し、枝豆を火にかける。チリチリとつぶやくような音と、湯気が上がってきた。フタをしたほうがいいだろうな。時々あけてあおったり、箸でかきまぜたりしながら15分くらい焼いたか。食べてみたら、うん、この味。なくてもいいのかもしれないけれど、ぱらぱら塩を振ってみた。来年の枝豆シーズン、これでいこう。
[PR]
by columnbank | 2006-10-20 13:29 | 飯、菜、酒、肴

桶屋さん、来たる。

♫かーぜのなっかのすーばるー・・・
「プロジェクト箕」、旧河北町二俣(要するにウチの辺り)での調査、第一回。
箕に取り憑かれた(笑)、岩手県川井村タイマグラの桶屋さんがやってきた。
遠路はるばる、ようこそ〜。

d0060094_22134559.jpg 20日、21日と千葉県市川市のニッケコルトンプラザ屋外会場で催される「工房からの風」へ出展するそうで(ニッケ鎮守の杜も参照。ああ、行きたい。でも行けない)。その道すがら、だいぶ回り道をして当家に立ち寄ってくれた。まあ、なんでもウチの辺りはかつて箕の産地だった、という桶屋さんの聞き込みがそもそものきっかけ。近所で使われている、あるいは納屋の奥に眠っている箕を探し、その形をしげしげと見調べる。背中越しに見えますね。91歳の年寄りをたずねて、箕作りの職人がいなかったか、そして百姓の仕事、山仕事、手仕事の話も聞いた。実に楽しい。

 d0060094_22343724.jpg 一方で大きくふくらむのは、自分の生まれた土地について、本当は何も知らない。なにも見つめていないのではないかという自省。調べ、気づき、再認識するキッカケをくれた桶屋さんにありがとう。
 ♫ヘッドラ〜イ、テールラ〜イ・・・旅はぁまだ 終わらない〜
 そう「プロジェクト箕」は、さらに続く。

[PR]
by columnbank | 2006-10-19 22:33 | いろいろ

この海原雄山を試そうというのか。

暮坪カブというのを知ったのは、初期の漫画「美味しんぼ」であった。
そばだけでなく、刺身の薬味になるという。

d0060094_11769.jpg 遠野の在来種カブ。長さは25センチくらい。首が青くて、末がなんだか「よじゃれている」。すりおろしてみると、水がほとんど出ない。スーパーでバチマグロの刺身を買って、一度熱湯で霜降りにし、「ヅケ」にした。ひとっぷろ浴びている間に冷凍庫へ入れておいたグラスは冷え、ヅケは醤油がなじみ、焼酎と冷え冷えのホッピーを注いで「お疲れさん」。暮坪カブ、つんとくるけれど確かにカブ特有の土くささがある。これは新しい味だ。かつては暮坪だけでなく、他の地区にもそれぞれの在来種があったという。昔はみんな、種採る農家だったのだ。いまよりもずっと作物をよく見て、手間を惜しまず、ていねいに育てていた。

d0060094_111191.jpg 
 あ、遠野へ高草操さんの写真展、その他いろいろを見に行ってきました(順序が逆ではないか)。馬と人が確かに生きている。遠野はそういうまちだとわかる写真の数々。シャッターチャンスを数多くものにするには、愛着がなければならないことも。
 で、暮坪カブはteardropstoneさんのご紹介にあずかった、遠野の瓦屋[嫁]さんからいただいたもの。ありがとうございます。実においしくいただきました。漬け物も作ってみようかな。
 お話も実においしかった。茶渋にまみれたカモダショウジ作品、そしてお料理講習会の話に腹の皮がよじれ、だいぶ腹筋が鍛えられる。説明していると長くなるし、たぶんその場に居合わせないと面白さが伝わらないので省くけど。遠野でさらに広がる輪、いよいよ悪さはできない。ところでパハヤチニカ新号、いつ出るのかな〜。

[PR]
by columnbank | 2006-10-19 01:21 | 外へ、旅へ