ヘッドハンティング。

d0060094_10524599.jpg ウチに来てくれたら、カリカリふーどは食べ放題だ。
 週に2日は、プレミアムのネコ缶を約束しよう。
 ブランドはキミが指定していい。

 どうだ?
[PR]
# by columnbank | 2009-02-15 10:55 | にゃん。& 生きもの

ノスリ翻翔。

d0060094_184433.jpg 餌付けされているハクチョウやカモを除けば、中大型の野鳥類は決して人を近づけない。「オラやーんだ」と逃げる。
 カラ類のように人の手に載ってエサをついばむこともないし。載られても困るけど(素手だったら血まみれ/笑)。
 この写真が撮れたのは、たまたま北上市の森林公園展望台から、200mm(デジタルだから35mmの画角に換算して300mm)レンズで北上川の写真を撮っていた時だったから。しかも、向こうはカラスとのドッグ・ファイトに必死で、人が眼中になかったから。


d0060094_1850411.jpg

 尾尻の形で、トンビだけはすぐわかる。それ以外の猛禽類の見分けがつかない。プロに見てもらったら、「ノスリだね。翼角(よっかく)の模様でわかる」とのこと。
 ノスリと思われる猛禽は、拙宅の近くでもよく電柱にとまっている。トンビよりひとまわり小型。ちょいとずんぐり。図鑑でアップ写真を見ると、猛禽とは思えないくらい目つきがやさしい。黒目が大きいのだ。
[PR]
# by columnbank | 2009-02-13 18:56 | にゃん。& 生きもの

3年ものアンチョビ。

d0060094_18483716.jpg 買ったまま忘れていたアンチョビをみつけた。結果的に3年もの(笑)。
 缶をあけて、見かけは何も変わりない。けれど、箸で、箸で、箸っっっっっで・・・つまめない。ぼそりぼそりと崩れてしまう。
 スプーンですくって、湯豆腐にのせて食べる。すんごくうまい。熟成が進みきっている感じ。
 次の日、もったいないからくずれた身を油ごと温め、パスタにからむ。キャベツをどっさり刻んで、黒胡椒を挽く。これまたすんばらしくおしいしい。アンチョビ、まとめ買いしてビンテージにしてもいいかもね。
[PR]
# by columnbank | 2009-02-10 18:54 | 飯、菜、酒、肴

「お弁当の日」講演。

本日、JA全農岩手とJA花巻が催した「食育シンポジウム」へ。
行ってきたばかりの報告である。
d0060094_2014218.jpg

 講師の噂は、西南の方から耳に届いていた。「弁当の日」を実施して学校を、生徒の家庭を、地域を変えてきた校長センセ、竹下和男さん。
 どう変えてきたのか、と聞かれると答えに困る。こういうことは自身で聞かないと真意が伝わらない。「良くなってきたんです」と答えるにとどめたい。著書がおありである。

d0060094_20293827.jpg 岩手県産と国産素材でつくったお弁当つき。
 事前に一つ心配もしていた。「食育」なる言葉を臆面もなく使いまくる方だったら苦手だなあ、と。それは杞憂であった。竹下さん自身が講演中で「食育という言葉、あるいは農林水産省などとは距離を置きたいと思っている」と語ったから。
 「スローフード」もそうだけど、新語は額面通りの意味をかけ離れて一人歩きする。甚だしい場合は「スローを唱えれば、食育なら売れる」という初手から明らかに踏み外したバカ者が、言葉の信頼度を下げる。 
 言葉自体に中身がないものではない。つまるとこ、虚にならないように、実質を与えればいいのだ、活動で。食育で儲けようとしている、と言われないように。

 漫談のごとく笑いのツボも心得た講師である。香川県在住の氏へ、こちらからモモヒキを発送し(そりゃ驚くわな)、南国講師の東北行脚を気遣うとともに、笑いのネタを提供したJA花巻の担当者も、[仕込み]に活動実績の発表にと実によく頑張った。
[PR]
# by columnbank | 2009-02-07 20:39 | いろいろ

よい写真。

 最近、日本酒について書いた投稿の日本酒ビンの元画像を見直したら、これがけっこういい雰囲気で驚いた。
 「燗」の文字にピントがきていて、奥はボケている。全体的に暗めではあるけれど、静寂なトーンが漂う。ボトルに移り込んだ窓がアクセントになっている。120万画素のケータイ写なんだから、驚きもひとしおで。いまの標準的な800〜1000万画素のコンパクトデジカメで撮っていたなら、印刷物でも全頁くらいに使えるだろう、余裕で。
 こういう納得できる写真を、初手から意図して撮れるのがプロのフォトグラファーを名乗れる。(それにしても画像といっていいのか写真といっていいのか)

d0060094_1946414.jpg

 一眼レフカメラを初めて持った25歳の頃から10年くらい、いつかはマシな写真が撮れるようになろう、なりたい、なれるかもしれないと思って続けてきた。写真と文をどちらも遜色ないレベルで雑誌に載せられたらいいなと。
 でもそんなことはこの先も無理であろうと。そのあと悟った(遅い、と思う)。要するに、餅は餅屋である。ニコパチ(はい笑って〜、パシャッ)や事務的に[写っていればいい]ものは撮れても、クオリティが求められる撮影はできない。「カメラさんをつけてください」とこちらから逆オーダーする。
 彼らとコンビを組む時に要求する写真(画像)は、たとえばフォトコンテストの写真とは明確に違う。作品として美しい写真であってかまわない場合はある。けれど、編集意図に沿った範囲に入っていなければ、どんなに美しいカットも、決定的瞬間を捉えたカットも意味はない。まったくないのだ。

d0060094_20362798.jpg 撮るべきものを、誤解なく伝わる姿で撮っていること。余計な演出などしないこと。でも編集意図を伝えるために効果的な工夫があれば、臆せず取り入れること。取材前に打ち合わせはするが、一度取材に入ればディレクションしきれる訳ではない(こっちも話を聞かなければならないのだ)。絵になる、と思った光景は使うかどうかわかんなくても撮っておくくらいのバネ(瞬発力)も、なきゃ困る。

 そうしてなおかつ、後になって並べてみて作品としても見応えのある写真を撮れるフカメラさんは、最敬礼してつきあいたいものだ。右はそういう仕事ができる、仙台では数少ない兄ちゃんである。
[PR]
# by columnbank | 2009-02-05 20:25 | いろいろ

もう一度会いたい。

d0060094_14402728.jpg 神子田朝市(岩手県盛岡市)の写真ファイルを眺めていたら、こんなのもあった。
「ネゴいらねぇが〜」
 お客さんに里親を募っていたおとうちゃん。自分の売り物よりも、ネコの方が気にかかるようで。ちなみにこれが3匹のうちの残り1匹だった、という話をいまも覚えている。
 いま見かけたら絶対もらってくるんだけどさ。
[PR]
# by columnbank | 2009-02-01 14:42 | にゃん。& 生きもの

塩サンマでお茶漬け。

d0060094_20433814.jpg 丸干しの塩サンマ、味は油に漬けていないアンチョビを想像してもらえると良い。ニガリ分のビター。風干しの旨味。
 酒のアテにした余りの身をむしる。ごはんにのせて、鍋あとのスープ(油揚げ、ハム、ダイコン千切り、ワカメ、白菜・・・要するに余り物の水炊き)を回しがけ、黒胡椒を挽いて、さくさくさく・・・。
 野菜をいっぱい使ったので汁が甘く、味のまとまりをくずしている。おかわりに、白湯をかけたらすばらしくおいしかった。
[PR]
# by columnbank | 2009-01-30 20:49 | 飯、菜、酒、肴

パハヤチニカNo.23。

d0060094_2051031.jpg 遠野の地域マガジン、パハヤチニカ(早池峰山のアイヌ語による古称とされる)。
 昨年4月の、薬師岳残雪ウォークと、その2カ月後に起きた岩手・宮城内陸地震のことを書いた。
 土石流の事故がなぜ起きたか、それは、山に生まれる水と深く関わっている。
 自然は恵みを与えてくれるが、試練として災厄ももたらす。収支で見たら、災厄は決して小さくないと思う。だから古来から人は山に鎮まってもらおうと、祈願してきた。五穀豊穣とワンセットになっている災いを減らしてくれるように。今回載せた写真のように、石の権現様(まぁ獅子頭みたいなもんです)や石碑が祀られている山は、1000mを越える頂であっても(いや、高いからこそか)ずいぶんと多い。
 幸福をつなぎとめるには、逃げずに、やはり山に向かうしかないのだ。
 遠野市のいろんなこ(道の駅風の丘とか)、盛岡市の本屋さんとかに並んでる、はず。
 


 仙台の関係各位へ配布に行って、布創作家[お多福]のりーより、生誕祝いを賜った。
「これに小金を貯めて、一部から大福におやつを返すように」
 ・・・頑張ります。
 
[PR]
# by columnbank | 2009-01-30 20:31 | 掲載誌

留守にゃん。

d0060094_10564578.jpg 花巻小屋には留守番ネコがいる。盛岡の南部鉄器工房[釜定]の箸置き。
 4〜5年前に、FAX電話器の送受話器コードが断線した。送受話器だけゴミにしよう。子機があるので通話に問題はない。ただ受話部受け皿の凸が常に押されていないと、当事務所はいつもお話中になってしまう。
 で、くだんのネコ箸置きに白羽の矢を立てた。受け皿にジャストフィット。重さもぴったんこ。重石のためだけに送受話機をつけとくよりすまーと。

 ナマの猫は鋭意募集中です。最近は避妊手術をしている猫が多いので、昔より探しにくいみたい。里親探しNPOも何かとメンドウだったりする場合があるらしく(いろいろあるとは思うけど)声かけてない。気長にいきます、あれは出逢いであり、授かりだから。

 ネコのこういう勾玉フォルムって、たまらなものがあるですね。
[PR]
# by columnbank | 2009-01-28 11:15 | にゃん。& 生きもの