タグ:丸東・改援隊 ( 1 ) タグの人気記事

おいしい梅干しになりなさい。

d0060094_4553555.jpg 花巻小屋(わたくしの岩手拠点)は昨夜から本降りの雨であります。
 梅の実がなる頃の雨だから、梅雨。日本の暦とそれを現す言葉は、つくづく四季に寄り添っているものですね。いつも森羅万象をからめながら自分たちの暮らしをつくってきた。と言った方がよいでしょうか。梅干し作りもそのひとつです。
 宮城県丸森町の丸森東中学校に、梅干し作りをたずねました(学区内の自治会や女性部など地域まるごとが支援する形で[教育ファーム]事業の実施団体=丸東・改援隊をつくっています)。丸森は本県で最南端のまち。平地あり大河あり山ありの多様な自然、温暖な気候のもとで、農家は庭先に梅を植えてきました。おそらく、自家製梅干し率(そんなんあるのかよ?)は県下でもトップでしょう。
 いろはの「い」は、傷みのない美しい梅の実を選ぶこと。そんでもって水洗いしてヘタをつまようじでほじってとりのぞくこと。これは食感も左右します。なにせ20人近い手があるので、ひとつひとつのプロセスはとりかかれば数十分で住んでしまう。農家のおかあちゃんやおばあちゃんたちは、これを一人か二人でみんな行っているのだ。家族のことを考えずにできるはずはありません。あちこちで書いますが、おいしいさを作るのは腕とか技術も大切だけど、つまるところは誠意。家族の健康まで考えて作っていることが大切。
 梅干しは弁当に入れるとごはんが傷みにくい、食あたりしないといわれます。青梅を摺り下ろして煮詰めた梅肉エキスは、最新の薬学技術で数億円かけてあみ出される抗生物質まっツァオの強い抗菌力があることも知られてきました。
 この先、塩漬け梅からは[梅酢]が上がってきます。そしたら、空模様を見計らって天日干し。太陽は顔を見せてくれるでしょうか(日食が近いっけねえ)。先は長いぞ。
[PR]
by columnbank | 2009-07-19 05:18 | 教育ファーム