タグ:NPO法人オリザ・ネット ( 2 ) タグの人気記事

有ることが難しい=ありがたい。

d0060094_1018127.jpg [教育ファーム]12団体の取り組みは、いずれ食べることがついてまわります。
 明成高校調理科[リエゾンキッチン]の生徒たちが小学校児童と行った大豆の種蒔きでは、シェフの卵たちが作るアッチッチの豚汁をいただきました。味噌はもちろん、学生たちが昨年度の教育ファーム事業で育てた大豆で仕込んだもの。インスタントと違って、素性のわからない添加物など入っているはずもなく、豚肉と根菜ひとつひとつの味がわかる直球勝負の豚汁です。
 NPO法人オリザ・ネットが実施した調理体験では、信じられないほど味の濃い豆腐をこさえて食べました。これは大豆の味とともに、指導に当たった師匠のウデも味わうことになりました。なにしろ、参加者が固めた豆腐と、師匠が固めた豆腐の味が違うんですから。豆腐を作って13年の凄味です。

 話変わってある日。行きつけの喫茶店のカウンターで、その店の常連の野菜農家が、マスターとこういう話をしていました(当方は聞き耳を立てていた訳ですが)。
「自分の舌にあう、より[安全・安心な]ものが、食いたいときいつでも、食いたいだけいくらでも、しかも安く手に入ることが当たり前と思われてないかね」
 それが消費者に保障される当然の権利だと考えている人もいるでしょう。食べ物は実に多くの手をかけて育てられ、採集され、加工されて箸の元へ届きます。でも簡単には有り難いことなのだということを、表層の言葉でなく実感している人がどれだけいるのだろうか。と思ってしまいますわなぁ、農家たった300万人、平均年齢60歳超、国内自給率40%、あるいは最近の[格安弁当戦争278円]なんて数字を見ると。
 もしも、「うまいものが食べたいだけある」ことが当然の権利だとするならば、その義務は誰が負いますか。議員さんや行政には、あるかもしれない。そのような社会をつくるべく汗を流す人なのだから。「分担社会なのだから、農家にも義務がある」と考えますか。では、たとえば農産物の価格について、農家が意欲をもって再生産にとりくめる価格を支払った上で食べる義務が、消費者側に生じませんか。

 食に対する考え方を、子供たちや学生だけでなく、消費者や、農家自身もまた見つめ直さなくてはいけないと思います。


[PR]
by columnbank | 2009-07-10 11:04 | 教育ファーム

再開〜種蒔く人に声援を。

d0060094_22203598.jpg

 ほんのしばし保存版としていた当ブログを再開します。
 6月から、[教育ファーム]の東北ブロック事務局を務めることになりました。

「教育ファームは、生産者(農林漁業者)の指導を受けながら、作物を育てるところから食べるところまで、一貫した「本物体験」の機会を提供する取組みです。
 体験を通して自然の力やそれを生かす生産者の知恵と工夫を学び、生産者の苦労を学び、生産者の苦労や喜び、食べものの大切さを実感をもって知ることが目的です。」
 〜[教育ファーム]公式ウェブサイトより。


 NPO、学校、企業などの実施に当たる団体は全国で118、東北地方では12。本部事務局(農文協)やしかるべき機関と連絡をとりながら、それぞれのスケジュールを把握し、レポートもする。という辺りが当面の仕事になるでしょう。長い目標としては、そうした活動をもっと広める、そのお手伝いです。なんというか、報告に徹するライターの立場から、もう少し踏み込んだ社会参画、になるかもしれないなーと思っているのですが。
 で、このブログは、そのこぼれ話を中心にリユース(つっていいのかね?)することにしました。
 内容は考えながら走り出しています。基本的にはざっくばらんでよかろうと。
 どちらさんも、たまにおつきあいを。

 画像? 狙いがちょっとオヤジっぽいすかね。
 6月19〜20日に実施された、NPO法人オリザ・ネットの、本年2回目の事業の模様。
 管理栄養士を目指す宮城学院女子大学生たちのよ〜っく育った足・・・は本旨じゃないですね(笑)、元気に田んぼへ入って、5月に植えた田んぼの稲を観察したのでした。おツカレサマ。
[PR]
by columnbank | 2009-06-30 22:20 | 教育ファーム